水需要の変動要因が多様化・複雑化

2019年4月10日、大阪市水道局(以下、同水道局)と株式会社日立製作所(以下、日立)は、ビッグデータ解析技術やAIを活用した、中長期の水需要予測に関する共同研究(以下、同共同研究)を開始すると発表した。

同共同研究は、同水道局が公募した「水需要予測におけるビッグデータの活用技術に関する調査」に、日立が応募して選定されたもので、実施協定を2019年3月26日に締結した。研究期間は、2019年3月から2020年3月までとなる。

近年は、節水機器が普及して水使用量が減少している一方で、訪日外国人の増加や大規模イベントの開催などによって、季節毎あるいは一時的に水使用量が変動するなど、水需要の変動要因が多様化・複雑化している。

このため、同水道局は、水需要の要因を抽出して新たなモデルを構築するなど、中長期的な水需要予測に関する調査研究を行うととともに、将来的には、同研究を通して得られた分析技術や知見を水道事業に活用していくとしている。

一方、日立は、水総合サービスプロバイダーとして長年培ってきた実績とノウハウを活かして同共同研究に取り組み、水需要予測に基づく経営改善施策を立案する考えだ。

日立が提案する研究の概要

日立は、独自のビッグデータ解析技術やAIにより、過去の水需要データを含む多種多様なデータを解析することで、高精度な中長期水需要予測モデルを構築する。

また、さまざまな水需要予測と事例毎の経営分析を実施し、KPI(水道料金の回収率や水処理施設の稼働率など)を改善するための設備の統廃合や料金体系の変更など、施策の改善効果を分析する。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

日立製作所 ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/04/0410.html